幼児教育を語る上で途方もなく興味深い調査結果が有る。

その調査はアメリカで1921年から1950年にかけて実行された。

11歳の男児25万人を無作為に抽出し、知能検査を行って知能指数の優れた800人を抽出し、其の後の人生を追跡調査したものである。

知能検査と同時に性格検査も行い、性格が人生にどのような影響をおよぼすのか、と云う事を明白にした調査である。

29年後の追跡調査で、優れた知能をもつ800人はどのような職業に就いているのだろうか。


これによると、800人のうち、優れた知能を活かす仕事に就いていた人は45パーセントであったようである。
これをAグループとよぶ。

残りの55パーセントの人は、優れた知能をもちながらも、その能力を充分に活かす事の出きない職業にかんしていたようである。
これをBグループとよぶ。

AグループとBグループのちがいはどこにあるのだろうか。

11歳当時の性格検査にさかのぼると、AグループとBグループには大きなちがいがある事が把握出きた。


Aグループの性格の特徴点は、持続性がある、忍耐つよい、社会性がある、冷静である、リーダーになりたいと云う欲求がある、であるようである。

Aグループにはこれら5つの性格特性が有った。


近頃の調査結果では性格にあたえる影響は遺伝子ではなく、発達した環境である事が把握出きてきた。

9ヶ月の胎児期から2歳までの間、どのような環境のもとで生活したかに拠って、今後の性格を大幅に機能すると云う調査結果もあるようである。

これらの事を考慮すると、幼児教育は途方もなく肝心な事であるとおもえてく。