急に愛犬が具合悪そうにしている、ケガをしてしまったとなると飼い主も驚嘆して動揺してしまう。
すぐに動物病院に連れていっても動揺したままでは上手く獣医さんに伝達されない。
であるから気持ちを落ち着けて動物病院に足を運ぶ様に注意しよう。
まずは具合が悪い兆候がみられたケースの場合、外に吐瀉物が有るケースの場合は吐いた物やウンチをもって足を運ぶ様にしよう。
それをもって足を運ぶ事で獣ドクターが症状を見定める決断材料に成る。
更に体を洗浄しないで連れて足を運ぶ事も肝心である。
もしも血便がでている様であれば、お尻を洗浄しないまますぐに動物病院に連れて足を運ぶと良いだろうし、目やにが黄色くて変な感じだとおもったら目やにを取らないでそのままの状態で連れて足を運ぶ様にした方が症状が伝達されやすくて良いとおもう。
また動物病院にペットを連れて足を運ぶケースの場合であるが、出きるだけ何時も世話をしてペットの様子をよく観ている人が連れて足を運ぶ様にした方が、色々と獣医さんに質問された時に困らないとおもう。
であるから常日頃ペットの状態は把握しておいた方が良いとおもうのである。
気に成る処はメモしておいても良いかも知れない。

どんなにちっぽけな事でもメモしておいた方が良いものである。
後々思い返した時にこれが途方もなく重要な情報に成る事も有る動物病院にペットを連れて足を運ぶ時には、こうした点に注意して連れて足を運ぶ様にすると診察がスムーズに進んで、病気も特定しやすいものであるし、治療法もスムーズに決定させていただけるとおもう。



PR

重度カントン型の解消法はこれ!動くより先に、重度カントン型の理解が必須。