「フィラリア」と云う病気を聴いた事がある人は、犬を飼ってる人なら殆どだとおもう。
しかしその中身にかんしてはあまりキッチリと気付いている人はいないかも知れない。
蚊に刺されたらフィラリアになると云う物ではなくて、蚊が寄生虫を犬の体の中に入れてしまう事を指しているのである。
人間と同じ様に蚊は犬も刺する。
この時に蚊の中に寄生虫の幼虫が犬の体内に入ってしまうのである。
そうなると幼虫は犬の中で発達する事となり、数ヶ月で大幅になった寄生虫が皮膚から血液内に入り込んで心臓に流れ込んで足を運ぶ様に成る。
そして心臓の中で更に数ヵ月間大幅になって入って、新たな幼虫を心臓の中に産むのである。
これがくりかえされる事で血液循環がただしく働かなくなってしまい、心臓がショック状態になってしまって死に至ると云う恐い病気であるためす。
その為に予防をガッツリする事が肝心に成るのである。
予防は動物病院からフィラリアの時期に薬を貰って1ヶ月に1回数ヵ月間飲ませる事である。
フィラリアの薬は血液内にフィラリアが入り込んだ時に効果がでるそうである為、蚊に刺されてから2から3ヶ月後位が良いみたいのである。
であるから蚊が出はじめた時期から1ヶ月後位の5月位から、蚊がいなくなった後数ヶ月の12月位まで月1度のペースで飲ませていくと予防に成る。
この薬で蚊に刺されて幼虫が入り込み、成虫になって心臓に向かう段階で殺してくれる。
その為に1か月に1回寄生虫を殺す為の薬を投与するのである。
大抵は大丈夫だとおもうが、もしもフィラリアに感染してしまったケースの場合には早目の対処が必要に成るので動物病院にすぐに連れて足を運ぶ様にしてほしい。



PR

<糖尿病対策の食事>糖尿病を食事で改善しよう!!